家計的に何かを削らなくてはならなくなった場合、どこに目を向けますか。

食費~多少は何とかできても食事は体を作るもの。健康を害しては意味がありません。夫のこずかい~これもあまりに減額できるものではありません。そこで生命保険に目を付ける奥様も少なくないでしょう。
最近は安くていい保険がたくさん出ています。昔の様に知り合いに頼まれて加入等と言うナンセンスなことをいう時代でもありません。
まずは保険の見直しをしましょう。
そこで長期の計画を立ててはいかがでしょうか。
生命保険と言うのは
病気や死亡に備えて加入するものです。一般的に若い時はすぐに病気になり死亡すると言う事は稀です。10年後、20年後を見据えてみていきましょう。
しかし自分で比較するのは困難なことです。ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。しかしある程度の知識と言うのは加入する本人が知っておかなければもしもの時に役立たない可能性も出てきます。
把握しておきたいことは
自分の家族構成、保険に対する考え方、収入などです。保障の内容をあまりにも充実させ保険料が高額では何をやっているのかわかりません。
保険は死ぬまで支払うものと認識をし見直しをしながら家計の負担とならないような設定にすべきです。

Leave a Reply