生命保険が節税対策になる、とは多くの方が知っていることでしょう。

また多くの企業の経営者たちも、法人としての節税対策に保険加入が有効であると、知っています。保険会社は大抵、個人個人に保険加入する営業活動をしますが、法人との契約も重要です。法人との契約ともなると、売上として、数千万円から場合によっては、何億ともなることもあるのです。ですから法人との契約は保険会社にとって大変大切なものなのです。多くの法人が
通常3月と9月に決算期を迎えます。その時期になって黒字幅が大きいからと慌てて税金対策を急ぐのでは企業として困難です。そうならないためにも、最低1か月前には期末の売上を予想した上で、税金対策をするべきでしょう。企業は決算前の、2月や8月にしっかりと税金対策に動くのです。ですから保険会社の方もこのような時期にこそ企業相手に営業をかけてきます。法人の経営者としては、自社にとって有益な保険加入をして、しっかりと税金対策にしたいところです。

Leave a Reply