病気を利用した無茶なダイエット

今から数年前の話ですが、色々な不安、悩みなどが重なり、とどめに彼女に振られてしまったショックもあいまって、私は心療内科で鬱病と診断されてしまいました。会社も辞めることになり、親に支援してもらって、ただ部屋でじっとしている毎日でした。しかしこのまま閉じこもっていても仕方がないと、私は職業訓練校に通い始めました。

家から最寄りの駅までは、歩いて15分程度かかります。そして病気のせいで、食欲はほとんどありませんでした。これはひょっとしたら、痩せられるのではないか?と考え始めたのです。職業訓練は基本月から金まで毎日あるので、往復で30分歩くことになるからダイエットできるぞと、鬱の割には、なかなか前向きな考えを持ててきているのではないかと、早速実践しました。

前向きになっても、食欲は戻らないままだったので、だったらいっそのこと、食事を減らしてみたらどうだろうかと考えたのです。昼食はパンかおにぎりひとつ、夕食は抜きました。それでも平気だったのです。そして更には、一日一時間のウォーキングをする事にしました。

すると私の体重は、みるみるうちに減っていきました。一日1キロ単位で減るなんてザラだったのです。私は楽しくなってきました。あまり苦しくないのに、みるみるうちに痩せていくダイエットが、楽しくないわけがないのです。調子に乗って、一日二時間歩いた時もありました。

そして三ヶ月で、15キロ前後のダイエットに成功したのです。友人からは「病気で痩せたんじゃないよね?」と心配される程でした。まあ食欲は相変わらずなかった為、あながちそれも間違いではなかったのですが、精神的には元気だったと思います。

職業訓練も終わり、資格もいくつか取ることが出来て、就職先も決まり、更には彼女もでき、鬱は次第に快方へと向かっていったのです。それに伴い、食欲も戻ってきて、昼食も夕食もちゃんと取るようになりました。しかし当然ながら、体重も如実に増えていったのです。

三ヶ月で痩せた15キロは、わずか一年たらずで元に戻ってしまいました。やはり無茶なダイエットだったのです。リバウンドも激しいものとなってしまいました。多少苦しくても、しっかりと食事をとり、適度な運動をして痩せないと、すぐに戻ってしまいます。今回はそれを痛感しました。

結局ダイエットをはじめる前の体重より、増えてしまいました。今は適度な運動をしながら、再びダイエットに勤しんでおります。

Leave a Reply